医院設備

診療案内・設備

医院の設備紹介です

CT

CT撮影により正確な診断を行うことが可能となりました。また、3DプリンターによりCTのデータをで立体模型にすることができます。立体模型は治療説明や、手術のシミュレーションに役立ちます。

拡大鏡

歯科用拡大鏡を使用することで、肉眼では見えにくい細かい部分が見えるようになるので、精密な詰め物や根管治療ができます。

レーザー治療

歯科用レーザーの用途は多岐にわたり、口内炎の治療、手術時の切開、メラニン除去、知覚過敏予防、などの治療を効果的に行うことが可能です。

口内炎は自然治癒するのにだいたい10日~二週間ですが、炭酸ガスレーザーを照射し、表面を凝固させて、かさぶたのようなものをつくることで数日で治すことができます。
歯ぐきの黒ずみの治療は、色素沈着している部位に照射し、メラニンを除去することにより、ピンク色の歯肉を回復できます。
また知覚過敏の原因となっている、歯の根元付近の象牙質に、レーザーを当て、神経へ刺激を伝える道を遮断することができるため、知覚過敏が解消されます。

当院レーザー治療で使用するのは、安全な炭酸ガスレーザーです。

滅菌

オートクレーブ

 

 

 

 

 

 

 

治療器具を高圧蒸気滅菌器で滅菌(微生物を死滅)することで、衛生的で安全な治療を提供しております。

« »