名古屋市中区新栄の犬飼歯科医院

愛知県名古屋市中区新栄の歯医者さん。犬飼歯科医院

〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄1-9-17
地下鉄 東山線 新栄町駅より徒歩6分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~19:00 × ×

△:14:30~17:00/休診日:木曜、日曜、祝日
受付は診療終了時間の30分前までです。

当院のインプラント治療

虫歯や歯周病の悪化、あるいは事故やケガなどが原因で、残念ながらご自分の歯を失ってしまうようなこともありえます。そんな患者さまに「噛む」という大切な機能を取り戻すための選択肢として、当院ではインプラント治療をご提供しています。

10年以上の治療経験で行うインプラント治療

インプラント治療とは、インプラント(金属製のスクリュー)をあごの骨に埋め込んで、その上に人工の歯を構築する治療方法です。外科的な手術を必要とする治療のため、確実な知識と技術が不可欠です。

また、インプラントを埋め込むあごの骨の周辺には、重要な血管や神経が存在しています。こうした組織を傷つけることなく手術を成功させるには、豊富な経験をもつ歯科医師が治療を担当するのが安心です。

インプラント治療を担当する院長は日本口腔インプラント学会の専修医であり、インプラント治療に10年以上(※)携わってきた経験があります。この認定医の資格は、学会によってその治療技術や知識、実績を認められた歯科医師だけが取得できるもの。インプラントの手術も安心して受けていただけます。(※2018年現在)

失った歯の機能をとり戻すインプラント治療

インプラント治療は手術を伴うため、「怖い」「痛い」といったネガティブなイメージを持つ方も多いと思います。

当院では歯を失った患者さまに、自信をもってこのインプラント治療をご提案。失なわれた歯の機能や見た目をとり戻すのに、とても優れた治療法だからです。家族、親戚、友人にも勧めますし、院長自身ももし歯を失ったら迷わずにこの治療方法を選びます。院長の両親にもインプラント治療を行いました。

 

信頼できるインプラントシステム

実際にあごに埋め込むインプラント体のシステムは、世界中で実績のある4社(ノーベルバイオケア・Zimer Biomet 3i・京セラ・プラトンジャパン)の製品から、患者さまに合わせて最適なものをお選びします。これまでに多くのインプラント治療を扱ってきた経験にもとづき、品質のよい信頼できるインプラントをご提供しますので、どうぞ安心してお任せください。

充実した設備でより安全な治療をご提供します

インプラント治療は外科手術を伴う難しい治療方法です。万が一の事故を防ぎ、また患者さまの身体への負担を軽減するために、当院では充実の設備で、より安全なインプラント治療をご提供しております。

CT

手術中に誤って神経や血管を傷つけるようなことがないよう、インプラント治療の際は通常の歯科治療に比べてより綿密な検査が必要になります。当院では歯科用CTによる撮影を行い、あごの骨の厚みや高さ、神経や血管の位置を正確に把握できるようにしています。

生体モニター

手術中は患者さまの全身の状況を的確に管理しなければなりません。そのために当院では心拍数や体温、血圧、酸素飽和度、心電図を常にモニターできる生体モニターを導入。全身状態にも配慮した手術を行っています。

動的歯周組織診査・診断装置

埋め込んだインプラントの安定性を測定する機械です。インプラント治療においては、埋め込んだインプラントが骨としっかり結合するかどうかが非常に重要になってきます。この装置を使えば、歯の揺れを数値で確認できるため、客観的なデータをもとに的確な治療が行えます。

血小板濃縮フィブリン用遠心分離機

身体に傷ができて出血した場合、フィブリンという物質が傷口をふさいで、傷の治りを促進します。この装置では患者さまご自身の血液を利用して、フィブリンゲルを作り出し、手術後の痛みの軽減や、傷口の治癒を促すのに使います。

またこのフィブリンゲルを骨の足りないところに入れた場合、骨の再生を促す効果も期待できます。結果として治療期間の短縮にもつながるため、患者さまの負担が軽減されることになるのです。

 

このほか充実の設備でインプラント治療を行います

衛生環境の整ったオペ室や、骨の形成時に骨細胞を傷つけずに削ることができるバリオサージ、超音波で骨形成を促進するオステオトロン、術中の出血を抑えるレーザーメスや電気メスなどの各種設備を導入。

患者さまへの負担を抑え、より確実で安全なインプラント治療をご提供できるようにしています。

インプラント治療が難しいと
いわれた方もご相談ください

インプラント治療ができない、その主な原因としては、インプラントを埋め込む部分に十分な骨がないというケースがあげられます。

骨が足りない場合には、その部分の骨を増やすことでインプラントの埋入を可能にする治療方法もありますが、これは歯科医師なら誰にでもできるというものではありません。より高度な技術が必要な難しい治療方法ですが、当院の院長は日本再生医療学会認定医の資格をもっており、これまでにも骨や歯周組織の再生についての研究を重ねてまいりました。

骨が足りない患者さまには、GBR、サイナスリフトやソケットリフトと呼ばれる、あごの骨を増やす治療をご提供しております。また骨の再生や治癒を促すための機器を各種取り揃えておりますので、安心してお任せいただけます。

これまでインプラント治療が難しいといわれたことのある患者さまも、当院でならお力になれることがあるかもしれません。あきらめずにぜひ一度ご相談ください。

料金について

 

例:インプラント2本 + チタンアバットメント2本 + ジルコニアセラミック2本の場合

インプラント2本:150,000 × 2
チタンカスタムアバットメント:50,000 × 2
ジルコニアセラミッククラウン:100,000円 × 2

合計:600,000円(税別)

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

手術

インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

人工の歯を装着

インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。