インプラント

診療案内・設備

歯の欠損に対する治療法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれ利点・欠点があります。
インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のように健康な歯に負担をかけませんので、残っている歯を長持ちさせることができます。

当院ではインプラント治療の術前検査でレントゲンとCTを撮影して治療計画を立てます。

CTは平面のレントゲンでは分からない情報が得られます。インプラントを安全に行うために十分な骨の量があるか、神経や血管を損傷する危険性が無いかなどを診断します。
骨の量が不足している場合、インプラントに必要な骨が足りない方のために、骨を増やす手術ができます。
詳しくはこちらへ→ サイナスリフト ソケットリフト PRF(多血小板フィブリン)
超音波ボーンサージェリーシステム

当院は高い信頼性のあるインプラント製品を採用しており、
それぞれの症例に合わせて最適なものを選択して使用しています。

kyocera

京セラメディカルのPOI-EXは国内で最も歴史と臨床実績を誇るメーカーです。

ノーベルバイオケア

世界最多の臨床実績、汎用性を持つブローネマルクシステムをはじめとして、様々なインプラント製品を展開してるノーベルバイオケアの製品を採用しています。 患者様の負担を軽減し、高い審美性が期待できます。

プラトンジャパン

プラトンインプラントは日本人の患者さんのために開発された国産インプラントです。

治療前                            治療後

日本口腔インプラント学会認証医が診察を行います。

 

»